トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

2017年3月8日(水)、東京文化会館にてピアニストの今井顕さんがソロリサイタルを開催されます。今井顕さんは16歳のときにウィーン国立音楽大学入学のため渡欧されて以来、長らくウィーンにおいてピアニストとして、また同大学客員教授としてご活躍されてきており、日本に拠点を移されてからも演奏活動や国立音楽大学大学院教授としての後進指導など、精力的に活動を続けられています。コンサートでは、ベーゼンドルファーModel290インペリアルが使用される予定です。
 
 
『今井 顕のシューベルト』
 
◆日時 :
 2017年3月8日(水) 19:00開演 (18:30開場)

◆ 会 場 :
 東京文化会館小ホール [Map]

◆ チケット料金 (全席自由・税込) :
 一般 6,000円
 シニア(65歳以上) 5,000円
 学生 3,000円

◆ 演奏曲
・シューベルト:ピアノソナタ変ホ長調 D568
・トークタイム:シューベルトの優しさと哀しさ
・シューベルト:ピアノソナタイ長調D959

◆使用ピアノ :
 Model290インペリアル

◆チケットお問合わせ :
 日本アーティストチケットセンター:03-5305-4545
 インターネットでもお申し込みいただけます。 http://nipponartists.jp/
 東京文化会館チケットサービス :03-5685-0650
 
<今井 顕さんプロフィール>
私立武蔵高校在籍中にそれまでの進路を突然変更して渡欧、クラシック音楽界における世界有数の名門校のひとつ、ウィーン国立音楽大学に16歳で入学する。8年間の課程をわずか3年で修了し、早くも19歳の時に最優秀の成績で卒業。数々の国際コンクールにおける栄誉をたずさえ、コンサートピアニストとして国際的な活動を開始。その後ウィーン国立音大ピアノ専攻科における日本人初の指導者として抜擢され、数多くのピアニストを育成した。通算24年にもおよぶヨーロッパ滞在中の音楽分野における業績と尽力とに対し、オーストリア政府より名誉教授の終身称号を授与される。現在は国立(くにたち)音楽大学大学院教授。楽譜や書籍の出版も数多く、国際コンクールの審査員として招聘されるなど、日本の誇る国際派ピアニストとして内外で高い評価を受けている。
オフィシャルサイト : http://atwien.com/

アーカイブ

 

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930