トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

2015年8月9日(日)、福岡県おりなす八女ハーモニーホールにて、「ベーゼンドルファーピアノゼミナール」が開催されます。ハーモニーホールで奏でる「ベーゼンドルファーチャレンジコンサート」の他、ピアノの魅力、仕組みのレクチャーや、古楽器の試奏体験など、こどもから大人まで楽しめるイベントです。ぜひこの機会にベーゼンドルファーの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。
 

『ピアノを「弾く」「学ぶ」「聴く」♪ ピアノの魅力を再発見
ベーゼンドルファーピアノゼミナール』

<弾く>
 1. ベーゼンドルファーチャレンジコンサート
 2.古楽器(クラヴィコード)を弾いてみよう!
<学ぶ>
 1.レクチャーコンサート
  「伴奏ピアニストが届けるピアノの魅力」 
  講師:赤塚太郎(伴奏ピアニスト)
 2.調律師によるベーゼンドルファーピアノの魅力としくみ 
  講師:徳永宣明(調律師)
<聴く>
 アンサンブルコンサート鑑賞 
 出演:八尋朋子(Vn)、藤島彩(Pf)
 
◆ 日 時 : 2015年8月9日(日) 13:00-16:00
 ※参加人数により、時間が変動する場合があります。
◆ 開 場 : おりなす八女ハーモニーホール [アクセス]
◆ 参加料 : 一般 2,000円/高校生以下 1,000円 (見学無料)
◆ 申込方法: おりなす八女窓口にて配布の申込書にご記入の上、参加料を添え、7月26日(日)までにお申し込みください。
◆ 問合せ : 八女市民会館おりなす八女 TEL : 0943-22-5332
 
<出演者プロフィール>
赤塚太郎 : 伴奏ピアニスト
武蔵野音楽大学卒業後に渡独。文化庁海外派遣者としてドイツ・カールスルーエ国立音楽大学大学院を修了。又ベルギー・ブリュッセル王立音楽院においても研鑽。在欧中は音楽祭招聘演奏や大使館リサイタルを行い、国際コンクールにおいても受賞。ドイツ・カールスルーエ国立音楽大学伴奏助手を務めた後に帰国。現在、二期会伴奏ピアニストや武蔵野音楽大学伴奏研修員を務める傍ら、演奏活動も積極的に行い、自身のリサイタルシリーズ「伴奏の芸術・独奏の響き」ではソロのみならず芸術としての伴奏の美学を追及している。教育芸術社出版の教科書にピアノ連弾の演奏写真(共演:小林道夫)が掲載され、今年度から全国の小学校で一斉に使用されている。
 
藤島彩 : ピアノ
4 歳よりピアノを始める。筑紫女学園高等学校在学中、ウィーン国立音楽大学夏期講習会において故ノエル・フローレス氏に師事。2009 年国立音楽大学演奏学科鍵盤楽器専修を卒業。在学時、ソリストコースに在籍しダン・タイ・ソン、ミシェル・ベロフ各氏による特別レッスンを受講。また、学内演奏会、卒業演奏会に出演。第2 回アジア国際音楽祭コンクール金賞受賞。2012 年英国王立音楽大学大学院修士課程を卒業。ロンドン各地でヴァイオリンデュオやソロリサイタルを開催。これまでに岡本えり、阿部裕之、加藤一郎、ジュリアン・ジャコブソン各氏に師事。現在、後進の指導に当たりながら演奏活動を行っている。JPTA 公益財団法人 日本ピアノ教育連盟会員。
 
八尋朋子 : ヴァイオリン
福岡女学院高等学校音楽科卒業。イギリス湖水地方音楽祭に参加。英国王立音楽院を卒業。2010 年、英国王立北音楽大学大学院修士課程を取得。更に同大学よりRNCM Scholarship Award を受賞。Helen Porthouse Paganini Prize にてファイナリスト、更にHighly Commended を受賞。RNCM 弦楽合奏団とヴィヴァルディの四季「夏」を共演。ヴァイオリンを八尋祐子、故鷲見四郎、故松村英夫、太期晴子、澤和樹、リチャード・ディーキン、リーランド・チェン、室内楽を故クリフォード・ベンソン、マイケル・デュセック、リチャード・ディーキン、ベルチャ・カルテットに師事。現在、リンデンホールスクール小学部ヴァイオリン講師、九州交響楽団客員、オーケストラ、室内楽、ソロを中心に活動中。
 
徳永宣明 : 調律師
国家検定ピアノ調律技能士・日本ピアノ調律師協会会員
ヤマハグランドピアノマスターコースグレード、ベーゼンドルファーピアノコース修了

アーカイブ

 

2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031