トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

ベーゼンドルファーについて

YouTube ベーゼンドルファーチャンネルにて、ウィーンを拠点に世界で活躍されるピアニスト・岩崎洵奈さんの演奏をご紹介しております。
ベーゼンドルファーのただひとつの工場、ウィーナー・ノイシュタット工場内のサロンから、ウィーンの香りたっぷりの最新演奏をお届けいたします。
使用ピアノはベーゼンドルファーの最新モデル、280VCVienna Concertの意味をこめた華やかなフルコンサートグランドピアノです。ベーゼンドルファーのあたたかな音色はそのままに、より力強く輝きのある音色が魅力的です。ウィーンから、更に岩崎洵奈さんの最新演奏を近日公開予定です。
 
YouTube ベーゼンドルファーチャンネル こちらをクリック
岩崎洵奈 ショパン「エチュードOp.10-5」 こちらをクリック
 
ベーゼンドルファー東京では、11月22日(水)~24日(金) 「ベーゼンドルファーインペリアルピアノ 岩崎洵奈マスターコース」も好評ご予約受付中でございます。
初心者の方から上級者の方まで、みなさまお気軽にお申し込み下さい。
 
 
岩崎洵奈 プロフィール

東京藝術大学器楽科ピアノ専攻卒業。ウィーン国立音楽大学ピアノ科にてヤン・イラチェック氏に師事。室内楽、伴奏法をマインハルト・プリンツ氏に師事。
2003年第14回彩の国埼玉ピアノコンクール一般部門金賞受賞、埼玉県知事賞受賞、ヤマハ賞受賞、2003年第2回名古屋国際コンクール、ファイナリスト、奨励賞受賞。2005年第15回八千代音楽コンクールファイナリスト、奨励賞受賞。
2008年第4回ウィーン国立音楽大学ヨーゼフ・ディヒラーコンクール第2位。2010年ヴァル・ティドーネ国際音楽コンクール(イタリア)第5位、シュリッツピアノアカデミー国際コンクール(ドイツ)第3位、ライプツィヒ・シューマンハウス賞、ヘッセンムジークアカデミー賞受賞、ロータリークラブ奨学金授与。2010年第16回ショパン国際ピアノコンクール(ワルシャワ)においてディプロマ賞受賞、審査終了後、審査員のマルタ・アルゲリッチ氏より賞賛を受ける。2011年トレロドネス国際音楽フォーラムフェスティバル(マドリード)に招待されショパンのピアノ協奏曲1番を演奏。2011年11月には、岡崎市コロネットにてザ・プレミアムトーク~世界一流のマエストロ ウラディミール・アシュケナージ氏を迎えて~に出演、賞賛を受ける。また、仙台フィルハーモニー管弦楽団、NHK交響楽団のメンバーと室内楽で共演。平成21年度文化庁新進芸術家海外研修生。これまでに、オーストリア(ウィーン、ザルツブルク)、スペイン(マドリード、バルセロナ、バレンシア)、ポーランド(ワルシャワ)、ベルギー(アントワープ)、ドイツ(フランクフルト)でのリサイタルに出演。2012年度、CHANEL Pygmalion Daysアーティストに選出。2013年2月、NHK-FM「リサイタル ノヴァ」に出演。
これまでに三ツ橋敬子指揮セントラル愛知交響楽団定期演奏会、名古屋フィルハーモニー管弦楽団、現田茂夫指揮神奈川フィルハーモニー管弦楽団、西村智美指揮神奈川フィルハーモニー管弦楽団等と共演。
2015年9月には、東京文化会館にて開催された第515回日本モーツァルト協会例会演奏会にて、ヴァイオリニストのセルゲイ・マーロフ氏と共演、「音楽の友」誌にて、絶賛される。2013年4月より、ベーゼンドルファージャパンにて、インペリアルピアノレッスン講師。2015年日本アコースティックレコーズより、デビューCD「J First」をリリース。
これまでに藤井博子、笠間春子、青柳晋、田部京子、フェルナンド・プチョール、海老彰子、アキレス・デレ=ヴィーニェの各氏に師事。
近年はドバイ・レバノン等中東諸国でもツアーを行うなど、日本のみならず世界各国で幅広く演奏活動を行っている。
 岩崎洵奈公式HP:https://www.junnaiwasaki.com/

この秋も2017年11月22(水)~24日(金)の3日間、「ベーゼンドルファーインペリアルピアノ 岩崎洵奈マスターコース」を開催いたします。
現在ウィーンに拠点を移され日本だけでなく世界で活躍されるピアニスト・岩崎洵奈さんをお迎えします。ピアノ初心者の方から専門的に学びたい方、ピアノ選びにお悩みの方まで、どんな方にもご受講いただけます!ぜひこの機会にお申し込み下さい。
冬頃には発表会&岩崎洵奈さんのミニコンサートも予定しております。(ご参加者は別途募集・日程未定)
 
◆日時:2017 年 11 月 22 日(水)、23 日(木)、24 日(金)
◆時間:10:30~17:30  ※最終日のみ 14:30~17:30
◆講師:岩崎洵奈 (公式HP https://www.junnaiwasaki.com/ )
◆会場:ベーゼンドルファー東京サロン内スタジオ
◆受講料:25,920 円(60 分)、38,880 円(90 分) ※税込料金
◆お申込み方法:本ページ下のお申込書に必要事項をご記入いただき、FAX または郵送にてお送りください
 
◇ベーゼンドルファーのフラグシップモデルベーゼンドルファーModel290インペリアル (97鍵)を使用します。
◇スタジオ内にはフルコンサートグランドピアノを2台ご用意しております。(Model 290インペリアル&Model 280) 岩崎先生との2台ピアノなども可能です。
◇その他詳細につきましては上に掲載のご案内をご覧ください。
10:30以前、17:30以降のお時間をご希望の場合はお電話にてご相談ください。
お支払いはクレジットカードにて当日レッスン前に承ります。その他お支払い方法ご希望の場合は事前にお問い合わせ下さい。
※公開レッスンではございません。スタジオ内での個人レッスンです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2017年7月30日(日)、東京都立川市のCHABOHIBA HALLにて伊藤理恵ピアノリサイタル2017「深化する響き」 第2回シューベルトプログラムが開催されます。ピアノソロ活動だけでなく室内楽、オーケストラとの共演も多数。ベーゼンドルファー東京でのリサイタルシリーズにも数多く出演下さっている伊藤理恵さんのオール・シューベルトプログラムです。 
 
特異な経歴を持つ知性派ピアニストとして、ピアノ・音楽にとどまらず独自のテーマ性のあるプログラム、写真表現などにも定評のある伊藤さん。もっとも大切にしてきたというウィーンの作曲家シューベルト晩年の作品を、同じくウィーン生まれのベーゼンドルファーの至福の音色でお届けいたします。もちろんベーゼンドルファー東京からもウィーンで経験を積んだ調律師が駆けつけます。豊かに響くCHABOHIBA HALLで、贅沢なひと時をご堪能下さい。
 
「シューベルトの即興曲はこれまでもコンサートで幾度となく取り上げた作品群ですが、8曲全曲をまとめて演奏するのは今回が初めてです。シューベルトの要素が全て詰まったこれらの曲と組み合わせたのは、死の直前に書かれた3つの大規模なソナタのうちでももっともドラマティックなハ短調ソナタです。柔らかな響きのベーゼンドルファー225で、夏の午後にシューベルトの最晩年の世界をお楽しみください。」 伊藤 理恵


伊藤理恵 ピアノリサイタル2017 「深化する響き」
 
◆日時:2017年7月30日(日)14時開演(13時30分開場)
◆会場:CHABOHIBA HALLhttp://chabohiba.jp/
立川市幸町4-17-1 Tel.042-595-8286(平日11~17時)
※お車でのご来場はご遠慮ください。
 
◆チケット: 4000円(税込) ※全席自由
◆主催/お問い合わせ: 春渓プロモーション(フナト) 
後援/ベーゼンドルファージャパン
090-6008-9240 / shunkei@blue.ocn.ne.jp 
 
【プログラム】
シューベルトプログラム

4つの即興曲 作品90 D899
4つの即興曲 作品142 D935
ピアノソナタ第19番ハ短調 D958
 
 
◆立川市に近年オープンしたCHABOHIBA HALL(チャボヒバホール)は、広い敷地にチャボヒバの木をシンボルとして、美術館を思わせるような独特の雰囲気に、日本ではなかなかお目にかかれない豊かな残響を備えた個性的なホールです。モデル225というベーゼンドルファーの特徴がよく表れた楽器が、ホールの音響と絶妙にマッチして、文字通り音に包み込まれるような空間です。
 
 
伊藤理恵 プロフィール 
1965年東京生まれ。国立音楽大学ピアノ科中退後一般職に従事するが、指揮にて音楽活動を始め、アマチュア・学生オーケストラの指揮・指導を行う。弾き振りでの協奏曲共演を契機にピアノでの演奏活動を開始し、1995年の初リサイタルを皮切りに、ブラームス後期作品全曲演奏会、ベートーヴェンピアノソナタツィクルスをはじめとしたリサイタルを開催。室内楽、オーケストラとの共演も多い。2002年にはライブノーツレーベルより、アルバム「ブラームス作品集~不安と憧れ」をリリース、レコード芸術誌などで高い評価を得る。数年間の休止を経たのち、2011年に震災チャリティコンサートにて活動を再開、以後テーマ性のあるコンサートを意欲的に手がける。ベーゼンドルファーに深い愛着を持ち、ベーゼンドルファー東京にてリサイタルシリーズに数多く出演。ウィーンに縁の深い作曲家のプログラムでベーゼンドルファーの魅力を味わうシリーズコンサート「ベーゼンマニア」を展開中。緻密な解釈のもとに深い精神性を湛えた演奏が持ち味。主要なレパートリーはブラームス、シューベルト、ベートーヴェンを核としたドイツ古典~ロマン派の作品。
 
◆Rie Ito「深化する響き」Facebookイベントページ
https://m.facebook.com/Rie-Ito-1713796538934015
 
◆公式ツイッターでコンサート情報などを発信しております。
伊藤理恵公式ツイッター「ベーゼンマニア
https://twitter.com/boesenmania

◆公式HPも近日オープンに向けて準備中です。

アーカイブ

 

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031