トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

コンサート

2017年10月29日(日)、東京都立川市のCHABOHIBA HALLにて伊藤理恵ピアノリサイタル~ベーゼンドルファーで紡ぎ出すブラームス晩年の心象風景 が開催されます。ピアノソロ活動だけでなく室内楽、オーケストラとの共演も多数。ベーゼンドルファー東京でのリサイタルシリーズにも数多く出演下さっている伊藤理恵さんのオール・ブラームスプログラムです。 
 
なかでもブラームスには定評がある伊藤さんは、アルバム「ブラームス作品集~不安と憧れ」において、「たいへんユニークな世界を持ち、聴きての耳と心をもその世界に惹き込んでしまいそうなピアニスト」(レコード芸術誌)「びっくりのスローテンポでも呼吸は決して乱れず、音符一つ一つの裏側まで、奥底までじっくりと引き出そうとした素晴らしい仕上がりの演奏」(音楽現代)などと高い評価を得ています。
ベーゼンドルファーの至福の音色を、豊かに響くCHABOHIBA HALLでご堪能下さい。
 
「ブラームスが晩年に辿り着いた境地を、彼自身が最も親しいピアノという楽器で表した小品20曲すべてを、響きの豊かなホールでベーゼンドルファー225とともにお楽しみください。」 伊藤 理恵


伊藤理恵 ピアノリサイタル
~ベーゼンドルファーで紡ぎ出すブラームス晩年の心象風景

 
◆日時:2017年10月29日(日)14時開演(13時30分開場)
◆会場:CHABOHIBA HALLhttp://chabohiba.jp/
立川市幸町4-17-1 Tel.042-595-8286(平日11~17時)
立川駅よりバス
9番乗り場より「小民家園東」下車徒歩2分
6,7,8,番乗り場より「砂川九番」下車4分
多摩モノレール「砂川七番」下車13分
 
※駐車場:1台500円(先着17名、予約制。事務局までお問い合わせ下さい。)
 
◆チケット: 4000円(税込) ※全席自由
 Livepocket オンラインチケットサービス→こちらから

◆お問い合わせ: 事務局 080-6565-0944 
後援/ベーゼンドルファージャパン
 
【プログラム】
ブラームス・プログラム
 
幻想曲集 作品116
3つの間奏曲 作品117
6つのピアノ曲 作品118
4つのピアノ曲 作品119
 
 
◆立川市に近年オープンしたCHABOHIBA HALL(チャボヒバホール)は、広い敷地にチャボヒバの木をシンボルとして、美術館を思わせるような独特の雰囲気に、日本ではなかなかお目にかかれない豊かな残響を備えた個性的なホールです。モデル225というベーゼンドルファーの特徴がよく表れた楽器が、ホールの音響と絶妙にマッチして、文字通り音に包み込まれるような空間です。
 
 
伊藤理恵 プロフィール 
1965年東京に生まれる。国立音楽大学ピアノ科を中退後一般職に従事するが、指揮にて音楽活動を始め、アマチュア・学生オーケストラの指揮、指導を行う。協奏曲の弾き振りでの共演を契機にピアノでの演奏活動を開始、1995年の初リサイタルを皮切りに、ブラームス後期作品全曲演奏会、ベートーヴェンピアノソナタツィクルスなどのリサイタルを開催。室内楽、オーケストラとの共演も多い。数年間の休止を経たのち、2011年に震災チャリティコンサートにて活動を再開、以後テーマ性のあるコンサートを意欲的に手がける。ベーゼンドルファーに深い愛着を持ち、その魅力をウィーンに縁の深い作曲家のプログラムで味わうシリーズコンサート「ベーゼンマニア」を複数の会場で展開中。また近年ベーゼンドルファー東京でのリサイタルにも数多く出演。本年はCHABOHIBA HALLでのリサイタルシリーズが進行中。独自の音楽世界観を持ち、緻密な解釈のもとに深い精神性を湛えた演奏が持ち味。主要なレパートリーはブラームス、シューベルト、ベートーヴェンを軸としたドイツ・オーストリア古典、ロマン派の作品。なかでもブラームスには定評があり、2002年にライブノーツレーベルよりリリースしたアルバム「ブラームス作品集~不安と憧れ」は各所で高い評価を得ている。今回、ブラームス晩年の作品全曲による公演は20年ぶりとなる。
 
 
◆公式ツイッターでコンサート情報などを発信しております。
伊藤理恵公式ツイッター「ベーゼンマニア
https://twitter.com/boesenmania

2017年7月30日(日)、東京都立川市のCHABOHIBA HALLにて伊藤理恵ピアノリサイタル2017「深化する響き」 第2回シューベルトプログラムが開催されます。ピアノソロ活動だけでなく室内楽、オーケストラとの共演も多数。ベーゼンドルファー東京でのリサイタルシリーズにも数多く出演下さっている伊藤理恵さんのオール・シューベルトプログラムです。 
 
特異な経歴を持つ知性派ピアニストとして、ピアノ・音楽にとどまらず独自のテーマ性のあるプログラム、写真表現などにも定評のある伊藤さん。もっとも大切にしてきたというウィーンの作曲家シューベルト晩年の作品を、同じくウィーン生まれのベーゼンドルファーの至福の音色でお届けいたします。もちろんベーゼンドルファー東京からもウィーンで経験を積んだ調律師が駆けつけます。豊かに響くCHABOHIBA HALLで、贅沢なひと時をご堪能下さい。
 
「シューベルトの即興曲はこれまでもコンサートで幾度となく取り上げた作品群ですが、8曲全曲をまとめて演奏するのは今回が初めてです。シューベルトの要素が全て詰まったこれらの曲と組み合わせたのは、死の直前に書かれた3つの大規模なソナタのうちでももっともドラマティックなハ短調ソナタです。柔らかな響きのベーゼンドルファー225で、夏の午後にシューベルトの最晩年の世界をお楽しみください。」 伊藤 理恵


伊藤理恵 ピアノリサイタル2017 「深化する響き」
 
◆日時:2017年7月30日(日)14時開演(13時30分開場)
◆会場:CHABOHIBA HALLhttp://chabohiba.jp/
立川市幸町4-17-1 Tel.042-595-8286(平日11~17時)
※お車でのご来場はご遠慮ください。
 
◆チケット: 4000円(税込) ※全席自由
◆主催/お問い合わせ: 春渓プロモーション(フナト) 
後援/ベーゼンドルファージャパン
090-6008-9240 / shunkei@blue.ocn.ne.jp 
 
【プログラム】
シューベルトプログラム

4つの即興曲 作品90 D899
4つの即興曲 作品142 D935
ピアノソナタ第19番ハ短調 D958
 
 
◆立川市に近年オープンしたCHABOHIBA HALL(チャボヒバホール)は、広い敷地にチャボヒバの木をシンボルとして、美術館を思わせるような独特の雰囲気に、日本ではなかなかお目にかかれない豊かな残響を備えた個性的なホールです。モデル225というベーゼンドルファーの特徴がよく表れた楽器が、ホールの音響と絶妙にマッチして、文字通り音に包み込まれるような空間です。
 
 
伊藤理恵 プロフィール 
1965年東京生まれ。国立音楽大学ピアノ科中退後一般職に従事するが、指揮にて音楽活動を始め、アマチュア・学生オーケストラの指揮・指導を行う。弾き振りでの協奏曲共演を契機にピアノでの演奏活動を開始し、1995年の初リサイタルを皮切りに、ブラームス後期作品全曲演奏会、ベートーヴェンピアノソナタツィクルスをはじめとしたリサイタルを開催。室内楽、オーケストラとの共演も多い。2002年にはライブノーツレーベルより、アルバム「ブラームス作品集~不安と憧れ」をリリース、レコード芸術誌などで高い評価を得る。数年間の休止を経たのち、2011年に震災チャリティコンサートにて活動を再開、以後テーマ性のあるコンサートを意欲的に手がける。ベーゼンドルファーに深い愛着を持ち、ベーゼンドルファー東京にてリサイタルシリーズに数多く出演。ウィーンに縁の深い作曲家のプログラムでベーゼンドルファーの魅力を味わうシリーズコンサート「ベーゼンマニア」を展開中。緻密な解釈のもとに深い精神性を湛えた演奏が持ち味。主要なレパートリーはブラームス、シューベルト、ベートーヴェンを核としたドイツ古典~ロマン派の作品。
 
◆Rie Ito「深化する響き」Facebookイベントページ
https://m.facebook.com/Rie-Ito-1713796538934015
 
◆公式ツイッターでコンサート情報などを発信しております。
伊藤理恵公式ツイッター「ベーゼンマニア
https://twitter.com/boesenmania

◆公式HPも近日オープンに向けて準備中です。

4月1日(土) Hakuju Hall(ハクジュホール)にて、「ワインつきコンサート!音楽とワインでウィーンを満喫!ALL ABOUT VIENNA~オールアバウトウィーン ワイン・コンサート2017」が開催され、ベーゼンドルファー・ピアノModel 、Model280VCが演奏されました。Model280VCは、ベーゼンドルファー東京ショールームのピアノを持ち込んでのコンサートとなりました。

出演
ヴァイオリン:前田朋子
ピアノ:三輪郁、山口友由実
ソプラノ:市原愛
 
ウィーンやヨーロッパに特にゆかりのあるアーティスト達と、オーストリアの名門グロッサーワイン、そしてウィーンのベーゼンドルファー・ピアノの共演で、東京にいながらにしてウィーン観光を楽しむようなひとときを・・というコンセプトのもと、素敵な音楽と美味しいワイン、まさに至福の1日となりました。
 
開場前に1階エントランスで行われたウェルカムコンサートでは山口さんが軽やかに奏でるベーゼンドルファーModel 214と、前田さんのヴァイオリンの優雅な音色に誘われフロアいっぱいにお客様が集まり、贅沢な一日の幕開けとなりました。
コンサートホール前のエントランスホールにて、グロッサーワインが振舞われ、全体がワインの豊かなでフルーティーな香りに包まれました。
訪れた人それぞれがワイン片手に語り合う、素敵な空間となりました。
 
コンサートでは、このコンサートのためにHakuju Hallに置かせて頂いたベーゼンドルファー・ピアノ Model280VCを、三輪さん、山口さんに弾いて頂きました。
前田さんのヴァイオリンの音色や、市原さんのソプラノの歌声とともにホールいっぱいに響き渡るベーゼンドルファーの音色、ほんのり会場に残るワインの香りと相俟って心地よい空間となりました。
 
 
 
三輪郁さん、山口友由実さんのピアノソロパートでは、会場誰もが二人の優美かつ力強い音色にうっとり、現在日本に1台しかないModel280VCの音色に酔いしれました。
アンコールでは4名が夢の共演。三輪さん、山口さんの貴重な連弾も見られました。
 
 
 
市原さんが客席を一周しながら歌い、観客全員も手拍子で演奏に参加するなど、温かな雰囲気のなか終演となりました。
 
~プログラム~
クライスラー
 ・テンポ・ディ・ミヌエット
 ・愛の喜び
 ・愛の悲しみ
 ・前奏曲とアレグロ

ベートーベン
 ・ヴァイオリン・ソナタ第5番「春」
シューベルト
 ・即興曲作品90-3
 ・ヨハン・シュトラウスⅡ世:
 ・「こうもり」公爵様、あなたのようなお方は
 ・「ヴェネツィアの一夜」ほろ酔い気分
カールマン
 ・「チャールダシュの女王」山こそわが心の故郷
 ほか
 
◆主催:一般財団法人日本クラシックソムリエ協会
◆共済:Hakuju Hall/株式会社白寿生科学研究所
◆協賛:グロッサーワイン/ベーゼンドルファー・ジャパン
◆後援:オーストリア大使館・オーストリア文化フォーラム/オーストリア政府観光局/ウィーン在日代表部/前田朋子後援会/郁の会

アーカイブ

 

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031