トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

コンサート

2017年1月14日(土) たましんRISURUホールにて『ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2017』が開催されます。今回は、ベーゼンドルファーアーティストの久元祐子さんが、音楽の都ウィーンで抜群の人気を誇る名門オーケストラ、ウィーン・サロン・オーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲第27番を共演される他、J.シュトラウスⅡの作品等、薫り高きウィーン伝統の音楽が新年の晴れやかな幕開けを演出します。
 
『ウィーン・サロン・オーケストラ ニューイヤーコンサート2017』
◆日時
 2017年1月14日(土) 15:00開演 (14:30開場)

◆ 会 場 :
 たましんRISURUホール [MAP]
◆ チケット料金 :
 S席 4,500円
 A席 3,500円
◆使用楽器 :
 ベーゼンドルファー Model280VC
◆チケット取扱 :
 たましんRISURUホール (℡ 042-526-1311)
 財団オンラインチケット
 イープラス

◆主催 :
 公益財団法人立川市地域文化振興財団
◆特別協賛 :
一般財団法人 セレモア文化財団
◆後援 :
 オーストリア大使館
 日墺文化協会
 ベーゼンドルファージャパン

 
<久元 祐子さん Yuko Hisamoto プロフィール>
東京藝術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て東京藝術大学大学院修士課程を修了。読売日本交響楽団、新日本フィル、日本フィル、東京フィル、神奈川フィル、ウィーン・サロン・オーケストラ、ラトヴィア国立交響楽団、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。2012年、2014年には、イタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。2011年ウィーンでのリサイタルではピアノ専門誌の表紙を飾り「ベーゼンドルファー・アーティスト」の称号を受ける。ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などを所蔵し、歴史的楽器の演奏会や録音にも数多く出演。それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。2010年、ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルを使っての演奏会に出演。軽井沢・大賀ホールに置いて天皇皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。また音楽を多面的にとらえることを目指したレクチャー・リサイタルは、朝日新聞、天声人語にも紹介される。これまでにCD作をリリースし「ハイドンとモーツァルト」は毎日新聞CD選、レコード芸術推薦版に選ばれ、「ベートーヴェン ”テレーゼ” "ワルトシュタイン"」はグラモフォン誌上で「どこからどう考えても最高のベートーヴェン演奏」などの評価を得る。著書に「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテスパブリッシング)、「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」(学研パブリッシング)など。国立音楽大学准教授、日本ラトビア音楽協会理事。 ウェブサイト : http://www.yuko-hisamoto.jp/

 
< ウィーン・サロン・オーケストラ Salonorchester Alt Wienプロフィール>
1994年ウド・ツヴォルファーのもとウィーン・フォルクスオーパー管弦楽団のメンバーらにより結成された。世界中からウィーンを訪れる人々に本物のウィーン音楽を、本場の雰囲気で、一流の音楽家たちによる演奏で提供しようとの狙いのもと設立。 レパートリーは、ウィーンを代表する作曲家であるヨーゼフ・ランナー、シュトラウス一家、 カレル・コムザーク、カール・ミヒャエル・チーラー、フリッツ・クライスラー、エメリヒ・カールマン、フランツ・レハール、ロベルト・シュトルツなどの、序曲、ワルツ、ポルカやマーチ。またヨハン・シュトラウスの代表的なオペレッタ「こうもり」、「ジプシー男爵」、「ヴェネツィアの一夜」、「ウィーン気質」、レハール「メリー・ウィドウ」、カールマン「チャールダーシュの女王」、「伯爵令嬢マリツァ」、カール・ツェラー「小鳥売り」、ミレッカー「乞食学生」、「ガスパローネ」などからの有名なアリアやデュオなど、非常に幅広い。 ウィーンの伝統音楽の継承にも力を注ぐ一方で、アルバート・ウィリアム・ケテルビー、ルロイ・アンダーソンなど新しい作曲家の作品も意欲的に取り上げている。主なレパートリーは19世紀初頭の伝統音楽にしっかり根ざしている中で、聴衆が求めるプログラムには柔軟に対応。ミュージカル、映画音楽、ダンス音楽、民族音楽などプログラムは多岐にわたる。 ランナーやヨハン・シュトラウスの伝統を継承し、ウド・ツヴォルファーがヴァイオリンと指揮の弾き振りするスタイル。演奏者同士の緊密なコミュニケーションと楽しげな演奏スタイルは、聴衆をも幸せに満たすような抜群の雰囲気でホールを包み込む。 ウィーン楽友協会ホールの他、ホーフブルク宮殿ホール、国立図書館ホール、ウィーン証券取引所祝祭ホールなど、ウィーン各地でコンサートを開催。1998年以降、ウィーンにおいて年間300回を超えるコンサートを開催するなど、抜群の人気を誇っている。 2001年由緒ある'ウィーン・クアサロン'がリニューアル。ウィーン・サロン・オーケストラは、ヨハン&エドゥアルト・シュトラウス、フランツ・レハール、ニコ・ドスタルなどが演奏を行ってきたこの伝統のホールを拠点とし、聴衆、批評家たちから圧倒的な支持を得ている。2001、2002年、2004年、2006年日本ツアーを行い、2004年には、中国、またカリフォルニア・ロング・ビーチでも公演を行い、大好評を博す。
 
<ウド・ツヴェルファー Udo Zwölfer(音楽芸術監督・コンサートマスター) プロフィール>
ウィーン生まれ。ウィーン国立アカデミー(現ウィーン国立音楽大学)、及びウィーン市立音楽院(現ウィーン・コンセルヴァトリウム私立音楽大学)に学ぶ。在学中より、ウィーンをはじめ、多くの著名な芸術家たちと数多くの演奏活動を行い、フランス、イタリア、チェコ、クロアチア、韓国、台湾、中国、アメリカ、日本等への演奏ツアー等、精力的に活躍している。1980年に、フォルクスオーパー・ウィーンの第1コンサートマスターに就任。1994年、フォルクスオーパー・ウィーン所属のオーケストラ奏者で構成された、”ウィーン・サロン・オーケストラ”を設立。1999年には、クアサロン・ウィーン(かつてヨハン・シュトラウス2世が自ら演奏し活躍した、ウィーンに於ける彼の本拠地であった歴史的施設)の現支配人であるS.ススニヤーラとオーケストラのコーポレーション契約を交わし、同オーケストラの演奏活動を本格的にスタートさせた。ツヴェルファーは、初代音楽芸術監督に就任、同時にコンサートマスターとしてオーケストラを率い、現在までに、オーストリア国内外にて4000公演以上のコンサートを成功させている。  使用楽器は、1774年のイタリア・ナポリ製、トマソ・エーバレ社のヴァイオリンである。

2017年1月7日(土)東京文化会館にて「FASCINATION CONCERTOS! 4名の若手気鋭のピアニストの饗宴・2台ピアノ協奏曲の午後」が開催されます。国内外で活躍する新進気鋭の若手ピアニスト4名が一堂に会し、2台のピアノによる協奏曲をお楽しみいただける、大変ぜいたくなコンサートです。今、最も注目を浴びる男性ピアニスト4人組の演奏にご期待ください。
 

『FASCINATION CONCERTOS!
4名の若手気鋭のピアニストの饗宴・2台ピアノ協奏曲の午後』

◆日時 : 2017年 1月7日(土) 13:00開演 (12:30開場)

◆会 場 : 東京文化会館小ホール [MAP]

◆出 演 : 實川 風、黒岩 航紀、務川 慧悟、小林 海都

◆チケット料金 : 4,000円 

◆チケット取扱 :
 東京文化会館チケットサービス 03-5685-0650
 イープラス

◆マネジメント・お問い合わせ :
 サポート・アーティスツ・アソシエーション
   e-mail: prime_s_artists@yahoo.co.jp
   ℡ 050-3695-5678(平日10:00~17:00)
 
◆プログラム
・ サン=サーンス: ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.22   實川 風 (オーケストラパート 務川慧悟)
・ ラヴェル: ピアノ協奏曲 ト長調              小林海都 (オーケストラパート 黒岩航紀)
・ グリーグ: ピアノ協奏曲 イ短調 Op.16          務川慧悟 (オーケストラパート 小林海都)
・ ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲 Op.43 黒岩航紀 (オーケストラパート 實川風)
 

◆ プロフィール
 < 實川 風 / Kaoru Jitsukawa>
2015年10月フランス・パリで行われたロン=ティボー=クレスパン国際コンクールにて1位なしの第3位入賞、併せて最優秀「リサイタル賞」「新曲賞」を受賞。東京藝術大学音楽学部首席卒業、および同大学院修士課程修了。2007年ショパン国際コンクールin ASIA一般部門金賞、2008名古屋国際音楽コンクール第1位・聴衆賞・ビクター賞・名フィル賞を受賞。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第3位。2013年サザンハイランド国際ピアノ・コンクール第2位他、多数の国際コンクールで入賞。国内外のオーケストラとの共演やソロ・リサイタル、室内楽でも積極的に活躍。2011年シャネル・ピグマリオンデイズ参加アーティスト。ピアノを山田千代子、ダン・タイ・ソン、多 美智子、御木本 澄子、江口玲の各氏に、フォルテピアノを小倉喜久子氏に、室内楽を川中子紀子、伊藤恵の各氏に師事。 
 
 < 黒岩 航紀 / Koki Kuroiwa>
1992年生まれ。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業。大賀典雄賞、アカンサス音楽賞、安宅賞、同声会賞、三菱地所賞受賞。第11回東京音楽コンクールピアノ部門第1位、及び聴衆賞受賞。第19回松方ホール音楽賞受賞(第1位)。第84回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。NHK-FMラジオ「ベストオブクラシック」や「リサイタル・ノヴァ」にソロ、共演等多数回出演。室内楽やアンサンブルピアニストとしても積極的に活動中。これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、藝大フィルハーモニア、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、セントラル愛知交響楽団等と共演。公益財団法人青山財団奨学生。宗次エンジェル基金/公益社団法人日本演奏連盟新進演奏家国内奨学金制度奨学生。2016年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。芹沢直美、秦はるひ、江口玲、各氏に師事。現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。
 
 < 務川 慧悟 / Keigo Mukawa>
1993年愛知県出身。東京藝術大学1年在学中の2012年第81回日本音楽コンクール第1位受賞。2014年パリ国立高等音楽院に審査員満場一致の首席で合格。現在、同音楽院にて研鑽を積む。2015年第25回エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位。2016年第18回イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第2位。国内では、第14回松方ホール音楽賞(第1位)、東京藝大学内においてアリアドネ・ムジカ賞、第3回秋吉台音楽コンクール室内楽部門第1位など多くの受賞歴がある。これまでに、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、愛知室内オーケストラ、中部フィルハーモニー交響楽団、ロレーヌ国立管弦楽団等と共演。現在、フランク・ブラレイ、上田晴子、テオドール・パラスキヴェスコ、青柳晋、横山幸雄の各氏に師事。2015・2016年度ロームミュージックファンデーション奨学生。
 
 < 小林 海都 /Kaito Kobayashi >
1995年横浜市生まれ。現在師事するマリア・ジョアン・ピリス氏のもとで研鑽を積みつつ、同氏が力を注いでいる若手音楽家育成プロジェクト「パルティトゥーラ」の一員として世界各地で活動を展開している。 国内でも2015年秋に「ベートーヴェン ピアノ協奏曲全曲演奏会」や、ピアノデュオコンサートを行った。又、2016年秋に、大阪いずみホールにて世界的ヴァイオリニスト、オーギュスタン・デュメイ氏と共演。これまでに神奈川フィル、東京響、日本フィル、東京フィル、新日フィル、リエージュ王立フィル、ベルギー国立管、グルベンキアン管弦楽団等と共演。これまでにピアノを湯口美和、故ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、横山幸雄、田部京子の各氏に師事。2年間のエリザベート王妃音楽院(ベルギー)の在籍を経て、現在バーゼル音楽院に在学。

東京の白寿本社ビル1階ロビーにて、旬の演奏家によるランチタイムのピアノコンサートを開催いたします。開放感溢れるサロンで、お昼の12時半より約1時間休憩なしでベーゼンドルファーの音色をお聴きいただけるコンサートです。コンサートの前後に近隣のレストランでのお食事をお得にお楽しみいただけるランチチケット付プランもございます。
 

『Hakujuベーゼンドルファー・サロンコンサート・シリーズ ランチタイムコンサートVol.18~20』
◆日時・出演者 :
第18回 : 2016年11月28日(月) 今田 篤(ピアノ)
第19回 : 2016年12月15日(木) 岡田 奏(ピアノ)
第20回 : 2017年 2月14日(火)  實川 風(ピアノ)
※いずれも12:30開演・休憩なし約1時間
◆ 会 場 :
白寿本社ビル1階ロビー [地図]
◆ 使用ピアノ :
Model214
◆ チケット料金 :
お得なランチチケット付き 各回全席自由: 2,500円(税込)
コンサートのみ 各回全席自由:1,500円(税込)
◆ご予約・お問い合わせ :
Hakuju Hallチケットセンター TEL:03-5478-8700

 
<出演者プロフィール>

◆今田 篤(Atsushi Imada)
2016年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、第61回全日本学生音楽コンクール高校の部第1位、第34回ピティナピアノコンペティション特級銀賞、第79回日本音楽コンクール第2位、第11回東京音楽コンクール第2位。これまでに国内外のオーケストラと多数共演。ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生、ロームミュージックファンデーョン奨学生、宗次エンジェル基金/新進演奏家国内奨学金奨学生。これまでに寺田美智子、三好のびこ、故堀江孝子、横山幸雄、クラウディオ・ソアレス、伊藤恵、ドミトリー・アレクセーエフ、ルースティム・サイトクーロフの各氏に師事。東京藝術大学を卒業。16年7月英国王立音楽大学修士課程を卒業。現在東京藝術大学大学院修士課程に在学中。
 

◆岡田 奏(Kana Okada)
函館市生まれ。パリ国立高等音楽院でフランク・ブラレイに師事。ピアノ科、室内学科、修士課程を最優秀で卒業・修了し、第3課程アーティスト・ディプロマ科を経て、ヨーロッパと日本を拠点に活動中。これまでに、小林研一郎指揮東京フィルのほか、シモン・ボリバル響、ベルギー国立管、東響、兵庫芸術文化センター管、中部フィル等と共演している。また、プーランク国際ピアノ・コンクールおよびピアノ・キャンパス国際コンクールで優勝し、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストとなった。アンヌ・ケフェレックが芸術監督を務めるサントンジュ・ピアノ・フェスティバルやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、アヌシー国際音楽祭等にも出演し、好評を博す。
 

◆實川 風(Kaoru Jitsukawa)
2015年ロン=ティボー=クレスパン国際音楽コンクールにて1位なしの第3位、最優秀「リサイタル賞」および「新曲賞」を受賞。東京藝術大学音楽学部首席卒業、および同大学院修士課程修了。07年ショパン国際ピアノコンクール in ASIA一般部門金賞、08年名古屋国際音楽コンクール第1位・聴衆賞・ビクター賞・名フィル賞を受賞。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第3位。15年にはヨーロッパ・デビューを果たした。ピアノを山田千代子、ダン・タイ・ソン、多美智子、御木本澄子、江口玲の各氏にフォルテピアノを小倉貴久子氏に、室内楽を川中子紀子、伊藤恵氏に師事。16年3月に初めてのアルバム”The Debut”がソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。

アーカイブ

 

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031