トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

コンサート

東京の白寿本社ビル1階ロビーにて、旬の演奏家によるランチタイムのピアノコンサートを開催いたします。開放感溢れるサロンで、お昼の12時半より約1時間休憩なしでベーゼンドルファーの音色をお聴きいただけるコンサートです。コンサートの前後に近隣のレストランでのお食事をお得にお楽しみいただけるランチチケット付プランもございます。
 

『Hakujuベーゼンドルファー・サロンコンサート・シリーズ ランチタイムコンサートVol.18~20』
◆日時・出演者 :
第18回 : 2016年11月28日(月) 今田 篤(ピアノ)
第19回 : 2016年12月15日(木) 岡田 奏(ピアノ)
第20回 : 2017年 2月14日(火)  實川 風(ピアノ)
※いずれも12:30開演・休憩なし約1時間
◆ 会 場 :
白寿本社ビル1階ロビー [地図]
◆ 使用ピアノ :
Model214
◆ チケット料金 :
お得なランチチケット付き 各回全席自由: 2,500円(税込)
コンサートのみ 各回全席自由:1,500円(税込)
◆ご予約・お問い合わせ :
Hakuju Hallチケットセンター TEL:03-5478-8700

 
<出演者プロフィール>

◆今田 篤(Atsushi Imada)
2016年エリザベート王妃国際音楽コンクール入賞、第61回全日本学生音楽コンクール高校の部第1位、第34回ピティナピアノコンペティション特級銀賞、第79回日本音楽コンクール第2位、第11回東京音楽コンクール第2位。これまでに国内外のオーケストラと多数共演。ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生、ロームミュージックファンデーョン奨学生、宗次エンジェル基金/新進演奏家国内奨学金奨学生。これまでに寺田美智子、三好のびこ、故堀江孝子、横山幸雄、クラウディオ・ソアレス、伊藤恵、ドミトリー・アレクセーエフ、ルースティム・サイトクーロフの各氏に師事。東京藝術大学を卒業。16年7月英国王立音楽大学修士課程を卒業。現在東京藝術大学大学院修士課程に在学中。
 

◆岡田 奏(Kana Okada)
函館市生まれ。パリ国立高等音楽院でフランク・ブラレイに師事。ピアノ科、室内学科、修士課程を最優秀で卒業・修了し、第3課程アーティスト・ディプロマ科を経て、ヨーロッパと日本を拠点に活動中。これまでに、小林研一郎指揮東京フィルのほか、シモン・ボリバル響、ベルギー国立管、東響、兵庫芸術文化センター管、中部フィル等と共演している。また、プーランク国際ピアノ・コンクールおよびピアノ・キャンパス国際コンクールで優勝し、2016年エリザベート王妃国際音楽コンクールのファイナリストとなった。アンヌ・ケフェレックが芸術監督を務めるサントンジュ・ピアノ・フェスティバルやラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン、アヌシー国際音楽祭等にも出演し、好評を博す。
 

◆實川 風(Kaoru Jitsukawa)
2015年ロン=ティボー=クレスパン国際音楽コンクールにて1位なしの第3位、最優秀「リサイタル賞」および「新曲賞」を受賞。東京藝術大学音楽学部首席卒業、および同大学院修士課程修了。07年ショパン国際ピアノコンクール in ASIA一般部門金賞、08年名古屋国際音楽コンクール第1位・聴衆賞・ビクター賞・名フィル賞を受賞。第77回日本音楽コンクールピアノ部門第3位。15年にはヨーロッパ・デビューを果たした。ピアノを山田千代子、ダン・タイ・ソン、多美智子、御木本澄子、江口玲の各氏にフォルテピアノを小倉貴久子氏に、室内楽を川中子紀子、伊藤恵氏に師事。16年3月に初めてのアルバム”The Debut”がソニー・ミュージックダイレクトよりリリース。

2016年11月23日(水・祝)静岡県掛川市の茶の蔵かねもにて、かねもクラシックコンサート『ルーステム サイトクーロフ&今田篤 ピアノリサイタル』が開催されます。「エリザベート王妃国際コンクール」ファイナリストに選出される等 注目の新鋭・今田篤さんと、今田さんを一流アーティストの道へと導いたロシア出身の名ピアニスト、ルーステム サイトクーロフ氏による演奏をお楽しみいただけるコンサートです。『熊本地震の被災地の写真展』も同時開催しています。

 
かねもクラシックコンサート
『ルーステム サイトクーロフ&今田篤 ピアノリサイタル』

◆日時
 2016年11月23日(水祝) 14:00開演 (13:00開場)
◆ 会 場 :
 茶の蔵かねもティーカルチャーホール
 静岡県掛川市掛川70
 JR掛川駅より徒歩10分・東名掛川ICより車で5分
 http://www.kanemo.co.jp/

◆ チケット料金(80席限定) :
 一般前売 3,500円
 一般当日 4,000円
 学 生  1,500円
 ※未就学児のお子様のご入場・ご同伴はご遠慮ください。

◆お問合わせ:
 『若いアーティストを育てる演奏会』実行委員会事務局(Gala工房内)
 高橋 053-21-1893
 坂井 080-4450-8150

◆チケット販売
 アクトシティチケットセンター
 掛川生涯学習センター 0537-24-7777
 袋井市月見の里学遊館 0538-49-3400
 兵藤楽器掛川本店 0537-23-0245
 Gala工房 0537-21-1893
 茶の蔵かねも 0537-22-3145
 ヤマハミュージックリテイリング浜松店 053-454-4111

◆茶の蔵かねもクラシックコンサートのブログ:
http://plaza.rakuten.co.jp/rosegardengala/

 
<ルーステム サイトクーロフさん (Roustem Saitkoulov) プロフィール>
モスクワ音楽院にてエリソ・ヴィラサラーゼに学ぶ。ブゾーニ、ロン・ティボー上位入賞、モンテカルロ・ピアノマスターズ優勝。数々の国際コンクールの経験を基にした指導には定評がある。日本の今田篤もMCSプラットホームレッスン奨学金を受け、247時間のサイトクーロフ氏の指導の元、2016年のエリザベート国際ピアノコンクールにて入賞を果たした。テミルカーノフ指揮のサンクトフィルハーモニーのソリストとして海外公演のソリストを幾度も勤め、2011年に来日、その演奏は高い評価を受けた。又、ヴェンゲーロフとのデュオなどコンスタントな演奏活動を行っている。EMIのレコーディングでもエチュードを取り上げ、練習曲を端正な一つの音楽的作品に仕上げる彼の演奏はヨーロッパで高い評価を得ている。

 
<今田 篤さん (Atsushi Imada) プロフィール>
1990年静岡県掛川市生まれ。2016年ベルギー・ブリュッセルにて行われたエリザベート王妃国際音楽コンクールファイナリスト入賞。第79回日本音楽コンクール第2位。2013年第11回東京音楽コンクール第2位など国内外で数々の賞を受賞。
これまでにマリン・オールソップ指揮ベルギー国立管弦楽団、ポール・メイエ指揮王立ワロン室内管弦楽団、ロッセン・ゲルゴフ指揮読売日本交響楽団、岩村力指揮東京交響楽団、岩村力、梅田俊明指揮日本フィルハーモニー交響楽団、曽我大介指揮東京フィルハーモニー交響楽団、クラウディオ・クルス指揮リベイラン・プレート交響楽団(ブラジル)、クラウディオ・クルス指揮サンパウロ青少年交響楽団等多数共演。2008年度(財)ヤマハ音楽振興会音楽支援奨学生。2011年、2014年度公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生。2013年度宗次エンジェル基金/新進演奏家国内奨学金奨学生。2015-17年MSC Stipendium受賞。
これまでに寺田美智子、三好のびこ、故堀江孝子、横山幸雄、クラウディオ・ソアレス、伊藤恵、ドミトリー・アレクセーエフ、ルーステム・サイトクーロフの各氏に師事。東京芸術大学附属音楽高等学校を経て東京芸術大学を卒業。2016年7月英国王立音楽大学修士課程を卒業し、現在東京芸術大学大学院修士課程に在学中。

2016年11月11日(金)、静岡県掛川市の茶の蔵かねもにて、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター「フォルクハルト・シュトイデ ヴァイオリンリサイタル」が開催されます。世界屈指のオーケストラ“ウィーン・フィル”で活躍する名コンサートマスターによる演奏をお楽しみいただけるコンサートです。ピアノはウィーンで学んだ新鋭、柴田典子さんです。

 
< フォルクハルト・シュトイデ ヴァイオリンリサイタル>

◆日時
 2016年11月11日(金) 19:00開演 (18:30開場)
 
◆ 会 場 :
 茶の蔵かねもティーカルチャーホール
 静岡県掛川市掛川70
 JR掛川駅より徒歩10分・東名掛川ICより車で5分
 http://www.kanemo.co.jp/about/access/
 
◆プログラム
 ベートーヴェン:ソナタ 第7番 ハ短調 Op.30-2
 ブラームス:ソナタ 第2番 イ長調 Op.100
 フランク:ソナタ イ長調  ほか
 
◆ チケット料金(80席限定) :
 一般前売 3,500円
 一般当日 4,000円
 学 生  1,500円
 ※未就学児のお子様のご入場・ご同伴はご遠慮ください。
 

◆お問合わせ:
 <主催>Gala工房 高橋 053-21-1893
 
◆チケット販売
 アクトシティチケットセンター
 掛川生涯学習センター 0537-24-7777
 袋井市月見の里学遊館 0538-49-3400
 兵藤楽器掛川本店 0537-23-0245
 Gala工房 0537-21-1893
 茶の蔵かねも 0537-22-3145
 ヤマハミュージックリテイリング浜松店 053-454-4111
 
◆茶の蔵かねもクラシックコンサートのブログ:
http://plaza.rakuten.co.jp/rosegardengala/

 
<フォルクハルト・シュトイデ(Vn)Volkhard Steude プロフィール>
1971年ライプツィヒ生まれ。5歳より東ドイツ(当時)ブランデンブルク州コトブスの音楽学校でヴァイオリンを学ぶ。1987年に東ドイツのジュニア向けコンクールで第2位獲得。1988年からベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学にてヨアヒム・ショルツとヴェルナー・ショルツ教授の下で学び始める。国際コンクールで受賞を重ねる。1993年にはグスタフ・マーラー・ユーゲントオーケストラの第1コンサートマスターになる。1994年3月にベルリンの大学でディプローム取得の後、ウィーンに移り、アルフレート・シュタール教授の下で更に研鑽を積む。1994年11月にはウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターに弱冠23歳で就任。更に2000年からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めている。日本にはトヨタ自動車主催による『トヨタ・マスター・プレイヤーズ・ウィーン』のコンサートマスターとしても度々来日しており、多くのファンを獲得している。また、ウィーン・フィルでは、ジュゼッペ・シノーポリやダニエル・バレンボイムの指揮によりソリストとしても共演しているほか、ヨーロッパと日本で数多くのソロ活動を展開。その多くが放送用にライブ録音され、またCDとしてリリースされている。室内楽にも熱心に取り組んでおり、2002年からウィーン・フィルのメンバーで構成される室内楽アンサンブル、ウィーン・ヴィルトゥオーゼンのコンサートマスターも務める。また同じく2002年にシュトイデ弦楽四重奏団が結成され、ウィーン楽友協会で定期演奏会を開催するほか、ヨーロッパ内及び日本で度々ツアーを行うなど、その活動は非常に注目を集めている。使用楽器は1718年製のアントニウス・ストラディヴァリウス(ヴィオッティ、ロゼらがかつて所有)で、オーストリア国立銀行より貸与されている。
 
<柴田典子(Pf)Noriko SHIBATA プロフィール>
ウィーン・コンセルヴァトリウム私立大学(現ウィーン市立芸術音楽私立大学)修士課程を最優秀の成績で卒業。ウィーン楽友協会グレズナー・ザールでの現代音楽プロジェクト「カルテ・ブランシェ"Wiener Brut"」、フランツ・リスト生誕200年記念コンサートに出演する他、ベーゼンドルファー・ザール、ドイツ国際カール・レーヴェ協会の舞台に立つ。ウィーンフィル並びにベルリンフィルのメンバーと共演。第0回浜松国際ピアノアカデミー開催記念イベントには修了生として出演。エリカ・チャーリー奨励賞、クレムス・ヴァッハウ・ロータリークラブ奨励賞受賞。

アーカイブ

 

2017年5月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031