トピックス

ベーゼンドルファーに関するイベント・コンサート・アーティスト情報やマメ知識等々、さまざまな情報や話題をお届けします。

2017年05月

2017年3月17日(金)~25日(土)に行われたアンドラーシュ・シフ日本ツアーにて、ベーゼンドルファー・フルコンサートグランドピアノModel280VCが以下全日程に使用されました。
 
3月17日(金) 19:00 大阪/いずみホール
3月19日(日) 15:00 横浜/神奈川県立音楽堂
3月21日(火) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール
3月23日(木) 19:00 東京/東京オペラシティ コンサートホール
3月25日(土) 15:00 埼玉/彩の国さいたま芸術劇場
 

今回のコンサートで演奏されたのは、ベーゼンドルファーのフラグシップModel290インペリアルに続く最新モデルModel280VCで、現在日本にはたった1台しかないピアノです。シフ氏は普段よりベーゼンドルファーを愛用しており、数々のコンサートやCD録音にもベーゼンドルファーのピアノを使用しています。
なお、シフ氏使用のModel280VCはベーゼンドルファー東京ショールームにて常時展示中ですので、もちろんご来店頂ければご指弾も可能です。
 

今回のModel280VCVCVienna・Concertの意。Model290インペリアルとは異なり88鍵のモデル、ベーゼンドルファー特有の温かなで繊細な音色はそのままに、より奏者が弾きやすく大きなホールでも力強く響く新シリーズです。シフ氏使用のコンサートグランドピアノModel280VCと、ご自宅やサロンにも置きやすいサイズの214VC、現在2モデルを展開しています。
 
 
今回の日本ツアーは事前にシフ氏の強い希望により、一部公演でプログラムの曲順変更、休憩なしのプログラムになることが主催者HPより発表されていました。彼の繊細な、かつ少年のままの心で弾いているかのような自由で力強い演奏にホール内全員がまさに釘付けとなりました。
また、本プログラム後さらにアンコール数曲(23日東京公演ではJ.S.バッハ:ゴルドベルク変奏曲BWV988から アリア、シューマン:「子供のためのアルバム」op.68から 楽しき農夫、ほか全7曲※KAJIMOTOホームページより引用)が披露され、シフ氏のエネルギー溢れるコンサートとなりました。
 
◆主催:
・いずみホール
〔一般財団法人 住友生命福祉文化財団〕(大阪)
・神奈川県立音楽堂
[公益財団法人神奈川芸術文化財団](横浜)
・KAJIMOTO(東京)
・公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団(埼玉)
◆協力:ユニバーサルミュージック合同会社(東京)、ベーゼンドルファージャパン

アーカイブ

 

2017年5月
« 3月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031