イベント

2015年10月03日(土) 開催
更新日:

2015年10月3日(土)ベーゼンドルファー東京にて、ヴァイオリニスト滝 千春さんとピアニスト斎藤龍さんによる「SALON CONCERT ~BösendorferがViolinと語るBrahms~」が開催されます。国内外で活躍される実力派若手音楽家のお二人が、ブラームスにまつわるトークを交えながら演奏されます。この機会にぜひ、ヴァイオリンとベーゼンドルファーの奏でる響きをお聴きください。
 

SALON CONCERT ~BösendorferがViolinと語るBrahms~

◆ 日 時 : 2015年10月3日(土)14:00開演(13:30開場)
◆ 会 場 : ベーゼンドルファー東京
◆ 出 演 : 滝 千春(Vn.) 斎藤 龍(Pf.)
◆ 会 費 : 2,000円(税込)
 ※当日受付にて現金でお支払い下さい。
◆ 定 員 : 30名様
◆ お申込方法 : お電話にてお申込下さい。
 定員になり次第、締め切りとなります。
◆ お申込み・お問い合わせ : ベーゼンドルファー東京 
 TEL:03-6681-5189 (10:00~18:00 水曜定休)
 
<プログラム>
ブラームス/ヴァイオリンソナタ 第2番 op.100 他
※演奏者の都合により曲目を変更する場合がございます。
 

<滝さん 斎藤さんより コンサートに寄せて>
短い時間の中で、トーク、解説を交えながら、濃厚なブラームスの時間を2人で作り上げていきたいと思います。楽しい時間になること間違いなし!(滝 千春)

ブラームスの作品における人間味溢れる暖かさや、ロマン派の本質である個人的な感情の表現を共演の滝さんと、そして聴衆の皆様と共に感じられればと思います。皆様のご来場を心よりお待ちしております。(斎藤 龍)

 
<滝 千春さんプロフィール>
2001年ノヴォシビルスク国際ヴァイオリンコンクール(ジュニア部門)第1位。2002年メニューイン国際ヴァイオリンコンクール(ジュニア部門)第1位。2006年オイストラフ国際ヴァイオリンコンクール第3位。1987年生まれ。
2002年、桐朋学園音楽部門創立50周年記念演奏会にて小澤征爾指揮 桐朋OBオーケストラにソリストとして抜擢された。以来、高校在学中より国内の主要オーケストラと共演を重ね、小林研一郎、高関健、飯森範親、飯守泰次郎、円光寺雅彦、大友直人、金聖響、小泉和裕、沼尻竜典、船橋洋介、渡邊一正、シズオ・クワハラ、ゲルト・アルブレヒト、ユベール・スダーン、ミハウ・ドヴォジンスキ、バイロン・フィディチス、クラウス・ペーター・フロール等との指揮者と演奏を共にした。2009年、飯森範親指揮 山形交響楽団との共演によるラロのスペイン交響曲がNHK「オーケストラの森」で放映される。2008年に清水和音との共演でデビュー・リサイタルを行い、2010年はパリのサル・ガボーにて上田晴子と、2011年、2013年には中野翔太や金子三勇士との共演でリサイタルを行った。金子三勇士とのデュオはNHK-BS「クラシック倶楽部」でも放映され、高い技術力と豊かな音楽性が評価されている。2012年秋には、ヨーロッパの優秀な学生により編成されたオーケストラのコンサート・ミストレスとして、ベルリン、ウィーンの両コンツェルトハウスを始め、プラハ、ブラティスラヴァ、グラーツ、ベルン等で公演を行った。これまでに上西玲子氏、辰巳明子氏、ザハール・ブロン氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科、チューリヒ音楽大学を経て、2012年よりベルリンのハンス・アイスラー芸術大学でサシュコ・ガヴリーロフに師事している。2015年ピクテ投信投資顧問株式会社のピクテ・パトロネージュ・プロジェクトのアーティストとして活動する。
 

<斎藤 龍さんプロフィール>
1981年生まれ。東京藝術大学を経て同大学院修士課程修了。 チューリッヒ芸術大学大学院コンサートディプロム Konzert Diplomを最優秀で修了し、同大学大学院ソリストディプロム Solisten Diplom修了。第16回ブラームス国際コンクール 第3位及び審査員特別賞をはじめ受賞多数。神奈川フィルハーモニー管弦楽団、東京フィ ルハーモニー交響楽団をはじめ、国内外のオーケストラと共演。首都圏やドイツ、スイス 等でのリサイタル、また芸大ピアノシリーズ、アフィニス夏の音楽祭など国内外の様々なコンサートにソロや室内楽で出演。2011年から13年にかけて、ベートーヴェン・ピアノソ ナタ全曲プロジェクトを挙行し、2014年には日本ベートーヴェンクライス主催コンサート に於いて師である迫昭嘉と共演。近年は室内楽奏者としても積極的に活動をしている。これまでにピアノを深谷直仁、杉浦日出男、平尾はるな、加藤美緒子、加藤一郎、小林 仁、迫昭嘉、Hans-Jürg Strubの各氏に、合奏及び室内楽を北川暁子、渡辺健二、辛島輝 治、漆原啓子、Konrad Richter、Urlich Koellaの各氏に師事。 2015年まで東京藝術大学、2015年より沖縄県立芸術大学非常勤講師。
2013年、「Ryu Plays Schumann, Schumann,Brahms」(FLCP21023)をリリース(レコード芸術準特選盤)。


開催概要一覧

イベントレポート一覧