イベント

2016年10月23日(日) 開催
更新日:

ご好評につき、定員に達しましたので、キャンセル待ちにて受付いたします。
キャンセル待ちで受付させていただきましたお客様には、空席ができ次第ご連絡申し上げます。

2016年10月23日(日)にベーゼンドルファー東京展示サロンにて、伊藤理恵さんによるサロンコンサート「時を聴くⅡ~1909年製Model250とともに~」を開催いたします。
伊藤理恵さんは、テーマ性のあるリサイタルやコンサートシリーズを展開されている知性派ピアニストです。今回は一昨年に開催され好評を博した「1909年に製造されウィーン国立歌劇場で使用されていたピアノModel250(92鍵)を演奏する公演・第2弾」として、ウィーンに縁のある作曲家の作品を演奏していただきます。皆様のお申し込みをお待ちしております。
 

『時を聴くⅡ~1909年製Model250とともに~』

◆ 日 時 : 10月23日(日) 16:00開演(15:30開場)
◆ 会 場 : ベーゼンドルファー東京
◆ 出 演 : 伊藤 理恵
◆ 会 費 : 3,240円(税込) 
 当日クレジットカードにてお支払い下さい。
 VISA、Master、JCB、ダイナース、銀聯カードほか
 主要クレジットカードがご利用いただけます。
 ※現金でのお取り扱いはございません。
◆ 定 員 : 30名様 
◆ お申込み方法 : お電話にてお申込みください。
 定員になり次第、締め切りとなります。
◆ お申込み・お問い合わせ : ベーゼンドルファー東京 
 TEL:03-6681-5189 (10:00~18:00 水曜定休)

 
 <プログラム>
シューベルト/即興曲集D899 Op.90 より
シューベルト/ピアノソナタ第21番 変ロ長調 D960
ブラームス/3つの間奏曲 Op.117
ベートーヴェン/ピアノソナタ第32番 ハ短調 Op.111
 ※都合により変更になる場合がございます。

 
 
 <伊藤 理恵さん プロフィール>
1965年東京生まれ。国立音楽大学ピアノ科中退。IT関連一般職などに従事後、1991年より指揮にて音楽活動を開始。多くのアマチュア、学生オーケストラの指揮・指導を行う。協奏曲の弾き振りでの共演を契機に演奏活動を開始し、1995年初のリサイタルを皮切りに、没後100年を記念したブラームス後期作品全曲演奏会、ベートーヴェンピアノソナタ全曲演奏会をはじめとしたリサイタルを開催。室内楽、オーケストラとの共演も多数。2002年にはライブノーツレーベルよりアルバム「ブラームス作品集~不安と憧れ」をリリース、レコード芸術誌などで高い評価を得る。その後諸事情により音楽活動を休止していたが、2011年東日本大震災チャリティコンサートにて活動を再開。ブラームス、シューベルト、ベートーヴェンを核にドイツ古典~ロマン派の作品を主軸としたリサイタルのほか、ユニークなテーマによるカジュアルコンサートを主催。2013年からはベーゼンドルファー東京にて、コンサートシリーズ「ウィーンの音」に出演、好評を博す。2015年よりベーゼンドルファーとウィーンに関係の深い作曲家を集中的に取り上げるシリーズ「ベーゼンマニア」を展開中。近年写真にも表現手段を求め、2012年にはニコンサロンbis新宿にて個展「鉄橋日和」を開催。


開催概要一覧

イベントレポート一覧