イベント

2017年04月15日(土) 開催
更新日:

2017年4月15日(土)ベーゼンドルファー東京にて「世界へ羽ばたく魅惑のヴィルトゥオーゾシリーズ Vol.13 ~パリからの春風 若手気鋭の二人の饗宴~ 黒川 侑&務川 慧悟デュオリサイタル」が開催されます。現在桐朋学園大学大学院に籍をおく黒川さんと、現在パリ国立高等音楽院に在学中で、東京藝術大学在学時には日本音楽コンクール1位受賞された務川さん。お2人とも、数々のコンクールにて入賞、オーケストラと共演など、国内外でご活躍されている注目のアーティストです。ベーゼンドルファーピアノを使用した若手気鋭のお2人のデュオを是非この機会にお楽しみください。
 
『世界へ羽ばたく魅惑のヴィルトゥオーゾシリーズ Vol.13 黒川 侑&務川 慧悟 デュオリサイタル』
◆ 日 時 : 2017年4月15日(土)14:00開演(13:30開場)
◆ 会 場 : ベーゼンドルファー東京
◆ 出 演 : 黒川 侑/務川 慧悟
◆ 会 費 : 4,000円(税込)
 ※当日受付にて現金でお支払い下さい。
◆ 定 員 : 30名程度
※定員になり次第締め切ります(チケットレス)
◆ お申込み・お問い合わせ : ベーゼンドルファー東京 
 TEL:03-6681-5189 (10:00~18:00 水曜定休)
主催:サポート・アーティスツ・アソシエーション
後援:一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)、
   ベーゼンドルファー東京
 
<プログラム>
モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ KV454 変ロ長調
ラヴェル/ヴァイオリン・ソナタ ト長調
ラヴェル/高雅で感傷的なワルツ(ピアノ・ソロ)
ラヴェル/フォーレの名による子守唄
フォーレ/ヴァイオリン・ソナタ第2番 Op.108
※演奏者の都合により曲目を変更する場合がございます。
 
 

<黒川 侑さんより リサイタルに寄せて>
同世代の演奏家と話し合いながら曲をつくり上げていくのは僕にとっていつも幸せなことなのですが、今回も、初めての共演となる務川慧悟さんと演奏ができるこの機会は本当に楽しみです。彼と相談を重ねて、お互いの好きな曲ばかりを選んだ今回のプログラム、特に僕にとっての憧れの曲の一つであるフォーレのヴァイオリンソナタ第2番に挑戦できるのは、大きな喜びです。優雅で香り立つようなこの曲たちを、今この2人がつくる音楽で、楽しんでいただければ幸いです。
 
黒川 侑

 

<黒川侑 プロフィール>

黒川 侑

2006年16歳で日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)他3つの特別賞を受賞。その後ウィーン、ブリュッセルで研鑽を積みながら、リサイタルや、スイス・ロマンド管弦楽団、スペイン国立管弦楽団をはじめとする国内外のオーケストラとの共演など、多くの演奏会に出演している。現在、桐朋学園大学院大学2年次に特待生として在籍。小島秀夫、工藤千博、P.ヴェルニコフ、漆原啓子、堀米ゆず子、藤原浜雄、S.ルセフの各氏に師事。
音楽クリティック・クラブ賞奨励賞、京都府文化賞奨励賞、京都市芸術新人賞、出光音楽賞、青山音楽賞受賞。
 
<務川慧悟 プロフィール>

務川 慧悟©︎Studio☆DiVA


1993年生まれ。東京藝術大学1年在学中の2012年第81回日本音楽コンクール第1位受賞を機に本格的な演奏活動を始める。
2015年エピナル国際ピアノコンクール(フランス)第2位、2016年イル・ド・フランス国際ピアノコンクール第2位。第5回コープ・ミュージック・アワード国際コンクール(イタリア)第1位、並びに各部門1位受賞者によるファイナルにて聴衆賞を受賞。国内では、松方ホール音楽賞(第1位)受賞など多くの受賞歴がある。
これまでに、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、ロレーヌ国立管弦楽団等と共演。
現在、パリ国立高等音楽院に在籍中。フランク・ブラレイ、上田晴子、テオトール・パラスキヴェスコ、青柳晋、横山幸雄の各氏に師事。2015・16年度ロームミュージックファンデーション奨学生。2017年度江副記念財団奨学生。シャネル・ピグマリオン・デイズ 2017アーチスト。 

開催概要一覧

イベントレポート一覧