イベント

2017年11月25日(土) 開催
更新日:

2017年11月25日(土) ベーゼンドルファー東京にて、ピアニスト 山口 友由実さんによるコンサートシリーズ「 an die Musik ~音楽に寄せて Vol.2 」が開催されます。皆様のお誘い合わせの上ぜひご来場ください。 
ピアニスト・山口 友由実さんによるベーゼンドルファー東京ショールームでの大人気コンサートシリーズ。第2回目はヴィオラ・脇屋冴子さんをお迎えし、クリスマスをひと月後に控えて贅沢なひとときをお届けいたします。ウィーンの異なった時代のピアノ作品に加え、温かく深い音色のヴィオラとベーゼンドルファーピアノの融合をお楽しみください。あたたかなショールームにて皆様をお待ちしております。

次回、第3回目は4月21日(土)ゲスト:熊谷俊之さん(クラシックギター)をお迎えする予定です♪
 
山口 友由実&ベーゼンドルファーコンサートシリーズ
 an die Musik ~音楽に寄せて Vol.2』

◆ 日 時 : 2017年11月25日(土)14:00開演(13:00開場)
◆ 会 場 : ベーゼンドルファー東京
◆ 出 演 : 山口友由実(ピアノ)/脇屋冴子(ヴィオラ)
◆ 入場料 : 3,500円(税込)
   ※当日クレジットカードでのお支払いのみ承ります。
◆ 定 員 : 35名 
◆ ご予約・お問い合わせ : ベーゼンドルファー東京 
TEL:03-6681-5189  受付時間10:00~18:00/日・月曜定休
◆主催:ベーゼンドルファー東京
 
<プログラム>
(ピアノ・ソロ)
シューベルト:ピアノソナタ イ長調 D.664
ツェムリンスキー:デーメルの詩による幻想曲集 Op.9

(ヴィオラ&ピアノ)
ミヨー:4つの顔
ブラームス:ヴィオラソナタ第1番 ヘ短調 Op.120-1
 
※プログラムは都合により変更になる場合がございます。
 
♪an die Musik(アン・ディ・ムジーク)~音楽に寄せて について♪
ベーゼンドルファーの故郷、オーストリアの作曲家シューベルトが、友人ショーバーの詩に作曲した“an die Musik(アン・ディ・ムジーク)”。
芸術の素晴らしさ、音楽への感謝を歌ったこの曲にちなみ、みなさまと素敵な時間を過ごせたら・・と願いをこめたコンサートシリーズです。
ピアニスト・山口友由実が毎回素敵なゲストをお迎えし、素敵な音楽とおはなしをお届けします。
 
山口 友由実(ピアノ)
東京音楽大学大学院修了。2015年ウィーン国立音楽大学大学院ピアノ室内楽科を満場一致の最優秀で修了。 10歳のときにテレビ朝日系「題名のない音楽会」に独奏で出演。2011年第18回ブラームス国際コンクール(オーストリア)ピアノ部門第3位を機に、ウィーン楽友協会でのリサイタルをはじめヨーロッパおよび日本各地でのコンサートに招聘され、ソロ、室内楽、箏との共演など幅広く活動。現在日本・ウィーンを中心に演奏活動のほか、日本女子大学、和洋女子大学等で後進の指導にもあたる。2016年にデビューCD「謝肉祭~音列の風景たち~」を発売し、レコード芸術誌上で準特選盤に選ばれた。
→山口友由実HPはこちら
 
脇屋 冴子(ヴィオラ)
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学院修了。その後ウィーン国立音楽演劇大学にて研鑽を積む。 YBP国際音楽コンクール2位(1位なし)。東京藝術大学在学中にモーニングコンサートにて藝大フィルハーモニアとバルトークのコンチェルトを共演。また室内楽においてリゾナーレ室内楽アカデミーにて「緑の風」音楽賞、ハイドン賞、最優秀賞を受賞。松尾学術振興財団より奨励金を受ける。JTが育てるアンサンブルシリーズ、六花亭・期待の若手シリーズ、マツオコンサート、リゾナーレ音楽祭などに出演。現在、新日本フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラー。これまでにヴィオラを大野かおる、川﨑和憲、ジークフリート・フューリンガーの各氏に、室内楽を岡山潔、松原勝也、山崎伸子、ヨハネス・マイスルの各氏に師事。

開催概要一覧

イベントレポート一覧