イベント

2015年10月11日(日) 開催
更新日:

2015年10月11日(日) ベーゼンドルファー東京にて「世界へ羽ばたく魅惑のヴィルトゥオーゾシリーズ Vol.5 フランスの風 務川慧悟ピアノリサイタル」が開催されました。国内外のコンクールで多数上位入賞を重ね、将来を嘱望される若手ピアニスト務川さんは昨秋よりパリに留学中。本日は、1909年製Model250(92鍵)で多彩な音楽の魅力を表現されました。
 
大きな拍手で迎えられ登場された務川さんが「多様な文化と芸術が共存する魅力溢れたパリの街のように本日は多彩なプログラムをお届けします」と語られた後、『バッハ/パルティータ第2番 ハ短調 BWV826』で前半の部をスタート。1つ1つの音を慈しむかのようにかのような繊細なバッハの世界を描き出されました。2曲目はベートーヴェンの後期ソナタの傑作『ピアノソナタ第31番 変イ長調 Op.11』を演奏。内面的な美しさをたたえた豊かな音色で会場は満たされました。

 

後半の部はロマン派から近代の傑作が続きます。『リスト/ハンガリー狂詩曲第9番 変ホ長調 「ペストの謝肉祭」』では華麗な技巧を駆使し、エキゾチックなジプシーのメロディーが特徴的なリストの名作を鮮やかに描きます。続く『スクリャービン/マズルカ風即興曲 Op.7-1詩曲「焔に向かって」Op.72』では、神秘的で先進的な世界を洗練されたタッチで表現され、お客様を惹き付けました。ラストは『ラヴェル/クープランの墓』。ラヴェルらしい繊細なメロディーが特徴的な組曲を、高度なテクニックで魅せつつ、限りなく美しく、そして叙情豊かに表現されました。

 

それぞれの楽曲に魂が宿っているかのような渾身の演奏に拍手は鳴り止まず、続くアンコールでは『ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ』、『モシュコフスキー/エチュードop.15-11』、『ショパン/小犬のワルツ』を披露。美しいピアノの余韻につつまれつつ終演となりました。
 

本公演はヤマハの高音質2chセルフレコーディングシステム「即レコAir」で収録をしました。
務川さんのご了解のもと、当日のライブ音源を公開いたしますのでお聴きください。
※曲名をクリックすると再生が始まります

 「即レコ」について詳しくは「即レコ24」公式ウェブサイト をご覧ください。



開催概要一覧

イベントレポート一覧