イベント

2012年11月掲載のイベントレポート一覧



更新日:

2012年10月27日(土)・28日(日)、ベーゼンドルファー東京にてピアニスト 平尾はるな先生をお迎えして、ピアノ演奏法講座「ベーゼンドルファーModel 290 インペリアルで、あ・そ・ぶ ~美しい響きの可能性を探る~」を開催しました。
 

 

平尾先生は7歳より安川加壽子氏に師事、東京芸大・パリ国立高等音楽院で学ばれたピアニスト。スポーツトレーニングの概念を取り入れたピアノ練習法の研究と普及活動に取り組み、ピアノ雑誌などで話題となっています。約30年前にベーゼンドルファーと出会ってから人生が変わったと公言されており、それ以来ベーゼンドルファーを愛用されています。
 

当日は、フラッグシップモデルModel290インペリアル(97鍵盤)を講座で使用。「ピアノからいかに美しい響きを引きだすか」を演奏テーマとされている平尾先生が、ベーゼンドルファーと出会ってから研究してきた姿勢や脱力の仕方による楽器とのコミュニケーション術や、エクステンドキー9鍵を活かした演奏法などを約2時間の講座のなかで解説されました。
参加者に実際にピアノを弾いてもらい、先生が腕や背中を触り力の入り具合を確認、指導。音が変わっていく様子は聴いている参加者の皆様にも伝わり、その違いにどよめきが起こっていました。
 

大好評のうちに終了し、第2回講座の開催も決定いたしました。
第2回講座「平尾はるな演奏法講座 ベーゼンドルファーModel290インペリアルで、あ・そ・ぶ Vol.2 ~基本的姿勢と脱力奏法について~」については、こちらのページをご覧ください。

開催概要一覧

イベントレポート一覧