イベント

2016年07月掲載のイベントレポート一覧



2016年07月09日(土) 開催
更新日:

2016年7月9日(土)、 ベーゼンドルファー東京にて「Wiener Salonkonzert in Tokyo – ウィーン・サロンコンサート in Tokyo」が開催されました。ウィーンを中心に世界で活躍するヴァイオリニスト前田朋子さんとピアニスト山口友由実さんが、ウィーン古典派、自作曲や民族色豊かな作品等、多岐に渡る世界を披露されました。演奏の合間には使用ピアノModel280VCについて「素晴らしく弾きやすく、ピアノが上手くなったかのように感じられる魔法のピアノ」とウィーンで初めて触れた際の印象と共に語られました。作品毎に披露されるエピソードも興味深くお客様は熱心に耳を傾けておられました。
冒頭の演奏は「モーツァルト/ヴァイオリンソナタ ホ短調 K.304」でスタート。最愛の母が亡くなった作曲者の心情が色濃く表れた作品で、お二人の描き出す儚く哀愁を帯びたメロディーが胸に迫ります。

 

そして山口さんのピアノソロが2曲続きます。「ハイドン/ピアノソナタ ハ長調Hob XVI/60」では軽やかで躍動感に富んだ演奏で清新な魅力を発揮され、「山口友由実/ハイドンの名による断章」では和声の美しい響きが会場に満ち溢れ記念すべき自作曲本邦初披露となりました。
続いては民俗色豊かな「バルトーク/ルーマニア民俗舞曲」を演奏。エネルギッシュに自由に音を紡ぎだす魅力的なデュオ演奏に会場が沸きます。そして別名「シャンパンソナタ」とも呼ばれる「ベートーヴェン/ヴァイオリンソナタ第8番 ト長調 op.30-3」を披露。伸びやかで美しいヴァイオリンの音色にピアノが寄り添い、まるで対話しているかのような息のあった演奏でプログラムの最後を華やかに締めくくりました。

 

アンコールには「クライスラー/美しきロスマリン」を演奏。お二人の奏でる優雅で味わい深い音色で会場がウィーンの空気に包まれました。
演奏後はオーストリアの誇るグロッサーワインと王妃エリザベートの愛したウィーンのお菓子が振舞われ、出演者とお客様との交流の場が設けられました。途中、サプライズ演奏が披露され歓声があがるなど、終始和やかな雰囲気の中お客様の笑顔溢れる素晴らしい会となりました。
 
本公演はヤマハの高音質2chセルフレコーディングシステム「即レコAir」で収録をしました。前田さん、山口さんのご了解のもと、当日のライブ音源を公開いたしますのでお聴きください。
※曲名をクリックすると再生が始まります。

 「即レコ」について詳しくは「即レコ24」公式ウェブサイト をご覧ください。



2016年06月18日(土) 開催
更新日:

2016年6月18日(土)に、ベーゼンドルファー東京にて「Junna Iwasaki sucht Wiener Klang2 - 岩崎洵奈、ウィーンの響きを探って2」が開催されました。今回は3月のコンサートの続編として、岩崎さんによるModel290インペリアルと最新鋭のModel280VCの演奏に加え、特別ゲストとしてウィーンベーゼンドルファー社よりシニアプロダクトデザイナーのフェルディナンド・ブロイ氏を招き、岩崎さんとの対談を通して現在から未来に向けてウィーンの響きがどう発展していくのか等、興味深い話が多く披露されました。
 
前半はまず「スカルラッティ/ソナタロ短調K.27/L.449」でスタート。 繊細で美しい豊かなModel290インペリアルの響きで会場が満たされました。そして井上調律師と『ウィーンという街の独特の響き』と『丸みを帯びた響きを持つウィーンのドイツ語』の二つの要素が「Wiener Klang (ウィーンの響き)」の基になっているとの前回の内容を振り返った後、フェルディナンド・ブロイ氏が登場。ウィーンの街で何世紀にも渡る音楽家との意見交換や楽器の発展と共に変化、発展していったウィンナートーンの魅力について意見が交わされました。その後「リスト/ハンガリー狂詩曲第13番」を再度Model290インペリアルで演奏。伸びやかなメロディー部や温もりある中間部等、楽器全体が美しく鳴り響きます。続いては楽器をModel280VCに変え「ショパン/バラード第4番」を演奏。透明感のある多彩な音色が会場に満ち溢れました。

 

後半の部はブロイ氏へのインタビューでスタートし、Model280VCの誕生の秘密に迫ります。「ベーゼンドルファーの素晴らしい響きを残しながらもより豊かな響きを得られる最高の楽器を創りピアニストの要求に応えたい」というピアノ製作への熱意や設計者ならではの話にお客様は熱心に耳を傾けていました。そして、岩崎さんが「リスト/愛の夢」を両モデルで演奏。Model280VCではクリアで透明感のあるメロディラインやベーゼンドルファー特有の深みのある音色を、Model290インペリアルでは柔らかく温もりのある豊かな響きを披露。個性が異なるそれぞれのピアノの魅力が存分に伝わりました。

 

そして「今後ウィーンの響きがどう発展していくのか」というテーマについてブロイ氏は「ウィンナートーンは今後更にインターナショナルになっていくでしょう。その中でも、今後もベーゼンドルファーの伝統であるあたたかみのある響きが変わることはないでしょう」と語りました。続いて、岩崎さんが「自分のイメージした音を奏でてくれる、触った瞬間に安心感を持てる楽器」とModel280VCの印象を語られ「バラキレフ/イスラメイ」を演奏。「信頼できるピアノがあるからこそ難曲に挑戦したい意欲がかきたてられる」と語られ、高度なテクニックを駆使しModel280VCの魅力を余すところなく表現。プログラム最後を華やかに締めくくりました。
アンコールでは「ガーシュイン=ワイルド/ファシネーティング・リズム」を演奏。リズミカルで洗練された表現力に再び会場が沸きます。終演後は、ご来場のお客様と岩崎さん、ブロイ氏との歓談の場が設けられ、意見交換や写真撮影をされる等、和やかで有意義な時間が持たれました。
 
岩崎洵奈さんウェブサイト
公式HP : http://www.junnaiwasaki.com/
公式ブログ: http://s.ameblo.jp/junnaiwasaki/


開催概要一覧

イベントレポート一覧