イベント

2017年03月掲載のイベントレポート一覧



更新日:

2017年3月18日(土)ベーゼンドルファー東京展示サロンにて、「塚谷水無子 Afternoon Concert ベーゼンドルファー・インペリアルで聴くJ.S.バッハ《ゴルトベルク変奏曲》」 が開催されました。塚谷さんがゴルトベルクを演奏するのに選んだ楽器はModel290インペリアル。オルガンの音を彷彿とさせる290インペリアルの重厚な響きが塚谷さんによって体現されました。
 
ゴルトベルク変奏曲を人間の一生になぞらえて弾く、と語る塚谷さん。プレトークでは、ベーゼンドルファーとバッハ、ブゾーニとの関係性も交えて塚谷さんが考えるバッハの弾き方、聴き方を実際に演奏をしながらお話くださいました。

 

ゴルトベルク変奏曲がはじまると、プレトーク時の和やかな空気が一変し、塚谷さんの世界観に惹き込まれるのを感じました。ピアノを聴いているはずなのに、オルガンの荘厳な和音が聴こえてくるようで不思議な感覚でした。お客様も微動だにせず、一音も聞き漏らさないように集中してコンサートを楽しまれているように見えました。
 
 
アンコールはヴァレンティン・シルヴェストロフの曲を弾かれ、バッハとはまた違った静かで美しい世界を演出。終始塚谷さんの素敵な音楽観に浸ることができ、終演後もすぐに帰られるお客様はいらっしゃ らず、余韻を楽しんでいらっしゃいました。
 
【出演者情報】
◆ 塚谷水無子 Web Site  http://www.minakotsukatani.net/index.html

更新日:

2017年3月3日(金)~5日(日)ベーゼンドルファー東京サロンにて「試弾会」を開催致しました。
期間中、たくさんのお客様がお越しくださり、多くの皆様にベーゼンドルファーピアノの魅力を体感頂けました。
 
3月4日にウィーンベーゼンドルファー出身の技術者による「講演会」を実施し、
「トークコンサート」として岩崎洵奈さんにModel290インペリアルヨハン・シュトラウスモデルをお話を交えて演奏頂きました。
 
 
ヘンデル/調子の良い鍛治屋、エルガー/威風堂々、リスト/カンパネラを290インペリアルで、ベートーヴェン/月光 第1楽章をヨハン・シュトラウスで演奏する岩崎さん。2台の異なるピアノによるウィーナートーンがショールームに響き、お客様を魅了しました。
 
 

ご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。
今後もご試弾のご予約を承っております。
ご興味のある方は、お電話にてお問い合わせください。
 
〒164-8721 東京都中野区本町1-32-2
ハーモニースクエア内 ハーモニータワー1F
電話:03-6681-5189 / FAX:03-6681-5229
営業時間:10:00~18:00(定休日:水曜日)

開催概要一覧

イベントレポート一覧