イベント

2017年04月掲載のイベントレポート一覧



更新日:

2017年4月16日(日)に、ベーゼンドルファー東京にて弓張美季さん、アンソニー・ヒュウィットさんによるピアノリサイタル『2台ベーゼンドルファーによる華麗なる饗宴』が二回公演で開催されました。
幼少期にドイツへ移住後、欧米やロシア等で研鑽を積み、現在はベルリンを拠点に活動。各国のオーケストラとの共演や、音楽祭でも活躍されている弓張さんと、
「たぐいまれなる才能を授かったアーティスト」とグラモフォン誌にて賞賛され、イギリスで最も才能のあるピアニストの一人として多彩な活躍をされるアンソニー・ヒュウィットさんの饗宴に、会場は満席となりました。
お二人が大きな拍手とともに登場すると、弓張さんがModel290インペリアル、アンソニーさんがModel280VCの前に座ります。アンソニーさんがそっと鍵盤に指を置くと、静かなピアノの旋律から、「W.A.モーツァルト:2台のピアノのためのラルゲットとアレグロ 変ホ長調(未完)」が始まりました。

 

2台のピアノの優しく、親密な会話から始まり、アレグロに入ると協奏曲風で画期的なテーマが続きます。モーツァルトがまさしくベーゼンドルファーの故郷、ウィーンで作曲したといわれるこの曲。会場中がすっかりウィーンの香りに包まれます。

実は幼い頃から同じ音楽学校で学び、切磋琢磨したというお二人。「本当に素敵な学校でした。みんなが競い合うようなこともありませんでしたし、自然の音に耳を傾ける"サイレンスの時間"なんかもありました。」と、学生時代のエピソードも紹介してくださいました。「こうして二人で演奏すると、喧嘩したり笑いあったり、すっかり14歳に戻ります」と弓張さんが笑うと、隣でアンソニーさんも笑顔でうなずきます。
 

続いてサン=サーンス:「死の舞台」作品40。”骸骨たちのワルツ”とお二人が表現するように、午前0時、骸骨たちが不気味に現れ、音を立てながら激しく踊る様子、そして最後には彼らが墓場へ帰り再び静けさが戻る様子を見事に表した作品です。フランスの詩人、アンリ・カザリスの幻想的な詩からインスピレーションを得、サン=サーンスが作曲したもので、今回のリサイタルで披露された2台のピアノバージョンもサン=サーンス自身が編曲しています。

 

続く M.ラヴェルの「ラ・ヴァルス」、一見優雅なワルツのように聴こえますが「19世紀後半のオーストリア・ハンガリー帝国の破局の予感が暗示されているように感じます・・。」と弓張さんは言います。「冒頭のコントラバスの遠い不気味なオープニングから優雅で明るいウィンナーワルツに展開していきます。しかし豪華なワルツの中にいながらも低音部がいつも不安な感じで伴奏とメロディーが合っているかいないか解らない、・・・・美しく幻想的とも言える曲ですが、なんとなく不気味でワルツに酔いしれながら破滅に向かっていく・・。」演奏前にはこうお話していただきました。
不気味とはいえウィンナーワルツらしく色っぽく、豊かなメロディーに、会場も酔いしれました。

      

プログラム最後の曲は R.チャイコフスキー作曲「くるみ割り人形」組曲作品71a。
誰もが一度は耳にしたことがあるクリスマスの名曲に、「みなさん、今からクリスマスになりますよ!」という弓張さんの一言で会場の雰囲気もいっそう明るくなります。弓張さん自身もロシア在住時、くるみ割り人形が初演された”マリンスキー劇場”にはよく足を運んでいたそうで、「今でもこの音楽を聴くと、子供だった頃を思い出してワクワクドキドキします。」とヨーロッパのクリスマスのエピソードも合わせて紹介してくださいました。
「小序曲」から始まり、「金平糖の踊り」「アラビアの踊り」など曲中の主人公が夢の中で世界を旅するバレエ曲。演奏の前にお二人が曲についてお話してくださいました。中でも最後の「花のワルツ」を、ちょうど桜が見ごろの東京にちなんで「サクラ・ワルツ」とアンソニーさんが紹介すると、弓張さんも会場の皆さんも笑顔になります。

 
曲に合わせリズミカルに体を揺らし、目を合わせながら息の合った演奏を聴かせるお二人。目を閉じながら豊かな音色に耳を傾けたり、お二人の様子に釘付けになったりと会場全員が二人の世界に誘われます。

演奏が終わり会場は熱気と大きな拍手に包まれると、「ブラジルのサンバを聴いてください!」という弓張さんの一声でお二人がアンコールに応えました。
春を感じるような2台ピアノのための名曲から、ヨーロッパを感じさせるワルツ、クリスマスシーズンの名曲にサンバ風のアンコールと、会場中がまるで世界を一周しているかのような気分になりました。
2公演目ではなんと2度のアンコールに応えて、最後には貴重な連弾を披露してくださいました。(使用楽器:Model290インペリアル
最後まで鳴り止まない拍手と和やかな雰囲気の中、終演となりました。
 

※当日の演奏の一部を、こちらのページにて近日公開予定です。
現在準備中ですので、今しばらくお待ちくださいませ。

更新日:

2016年9月19日(月) ベーゼンドルファー東京にて、ファンクラブ会員様特別企画「實川風ピアノリサイタル」が開催されました。實川さんは人気コンサート企画「世界へ羽ばたく魅惑のヴィルトゥオーゾシリーズ」や 好評発売中のCD「The Debut」でもベーゼンドルファーを演奏され、高度なテクニックと美しく気品ある音色に定評のある若き俊英です。今回は前半ショパン、後半ベートーヴェンの作品で構成された意欲的なプログラムを、最新鋭のコンサートグランドピアノ Model280VCで演奏されました。
 
前半はオールショパンプログラムです。實川さんが颯爽と登場され『マズルカ ロ短調 op.33-4 』でスタート。物悲しさや繊細な美しさを見事に表現され会場がベーゼンドルファーの至福のピアニッシモで満たされます。続いて「ショパンのエチュードは弾きこなすには高度な技術と芸術的センスが必要な難曲。いつかは全曲演奏に挑戦したい。」と解説された後、『ハ短調 「革命」 op.10-12』『 ハ長調 op.10-1』『変イ長調 「エオリアンハープ」op.25-1』『 ハ短調「大洋」op.25-12』 を演奏。安定したテクニックで時に激しく時に切なく各作品の異なるキャラクターを見事に描き分けます。前半の最後は『アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22』を演奏。圧倒的な技巧の数々、粒立ちのよい煌くような音色にお客様は魅了されます。

後半は 實川さんが最も身近に感じる作曲家ベートーヴェン、その中でも特に愛着のある作品『ピアノソナタ第21番 ハ長調 op.53 ワルトシュタイン』を演奏。完璧にコントロールされたタッチと卓越したテクニックで端正な中にも様々な表情を魅せる会心の演奏に会場の拍手は鳴り止みません。
アンコールでは『ショパン/スケルツォ 第2番 op.31』を多彩な音色で奏でます。続いてはジャズの雰囲気漂う即興演奏を披露。實川さんの意外な一面に会場は魅了されます。
 
その後の交流タイムでは本日の使用のModel280VCとウィンナートーンの代名詞ともいえるModel290インペリアルの魅力について「Model280VCはパワフルで万能型で非常に弾きやすい。Model290インペリアルは後から音が薫り立つような余韻が特徴的」と語られお客様は興味深く聞き入っておられました。そしてフィナーレの『ファリャ/火祭りの踊り』で会場は大いに盛り上がりました。


オーストリア留学直前のコンサートとなった今回の演奏は實川さんからのメッセージとしてお客様の心に響き、終始和やかで寛いだ雰囲気の中参加の皆様の笑顔が印象的な忘れ難いひとときとなりました。
 

◆實川風さん公式HP : http://kaoru-jitsukawa.net/

更新日:

2015年9月27日(日) ベーゼンドルファー東京にて「世界へ羽ばたく魅惑のヴィルトゥオーゾシリーズ Vol.4 詩的な音画 實川風ピアノリサイタル」が開催されました。實川さんは本年2月、当シリーズ初回以来2度目のご出演となりました。今回は、實川さんが「あたたかみのある美しい音色」と賛辞を贈られた1909年製Model250(92鍵)を使用してのリサイタルとなりました。
 
前半の部は『バッハ/イタリア風アリアと変奏曲 イ短調 BWV989』でスタート。気品に溢れる『至福のピアニッシモ』で会場は満たされます。続いてはベートーヴェン中期の傑作、『ピアノソナタ第21番 ハ長調 Op.53 ワルトシュタイン』。弱音からクライマックスに至るダイナミックレンジを、完璧にコントロールされたタッチと卓越したテクニックで表現された会心の演奏。演奏の合間には、それぞれの作曲家や楽曲の特徴、ご自身の作品への思いについて解説。タイプの異なる各作品の魅力は演奏からも存分に伝わり、お客様を魅了されました。

後半の部は、まず『ラヴェル/スカルボ ~夜のガスパールより~』を演奏。高度なテクニックを駆使した演奏至難の曲を鮮やかに表現されました。続いての『シューマン/ピアノソナタ第1番 嬰ヘ短調』は4楽章からなる30分を超える大曲。シューマンの若き日の傑作を深みのある多彩な音色でアプローチされ、楽器の魅力を存分に引き出されました。

アンコールには、ショパンの名曲「エチュードop.25-1(エオリアンハープ)」、「スケルツォ 第3番」を披露。繊細なピアノの響きの余韻を残しつつ、あたたかな拍手に包まれ終演となりました。

 
本公演はヤマハの高音質2chセルフレコーディングシステム「即レコAir」で収録をしました。實川さんのご了解のもと、当日のライブ音源を公開いたしますのでお聴きください。
※曲名をクリックすると再生が始まります。

 「即レコ」について詳しくは「即レコ24」公式ウェブサイト をご覧ください。


開催概要一覧

イベントレポート一覧